飯土井神幸祭

場所 田川郡旧金田町神崎
日時 10月第2土日(隔年)
昭和35年、子供山笠が神幸祭に出たのが始まりだそうです。初めは小さかった山笠も、現在では県内有数の大きさになっています。この大きな山笠が、神社へと続く狭い道を通り、急坂を駆け上がって宮入りする姿は圧巻でしたが、大きくなりすぎた為、中止されたそうです。