稲荷神幸祭

場所 田川郡旧金田町
日時 10月第3土日
金田町稲荷神社の神幸祭に出る山笠は、県内で行われる山笠行事としては、最後のものです。大トリを勤める山笠にふさわしく、競演会では更に高くなった山笠が、豪華絢爛な威容を披露し、見る者を圧倒します。神幸祭の起源についてははっきりとはしないようですが、江戸中期以降から継続して行われているようです。獅子舞や女子による踊りが奉納され、その形態は古式にのっとったものだそうです。尚、現在のような飾り山笠が出るようになったのは、戦後になってからの事だそうです。