糸田祇園山笠

場所 田川郡糸田町
日時 5月第2土日
宝永3年(1706)行橋の祇園社より須佐神社を勧請、翌年から山笠を出したと伝えられているそうです。現在須佐神社は金村神社に合祀されています。当初は今井系の鉾山だったと思われますが、飯塚に近い事もあってか、いつの頃からか人形山笠へと変遷しています。石炭不況で一時中断していましたが、昭和41年に復活し、現在に至っています。