貫のお祓い

場所 北九州小倉南区貫
日時 3月最終日曜日
荘八幡神社春の大祭
元慶7年(883年)鈴石八幡宮として建立されたと伝えられる荘八幡神社のお祭りで、元和5年(1619年)時の藩主細川忠興が宇佐八幡宮の放生会を復活させた際、鈴石八幡宮の放生会も復活させました。現在は「貫のお祓い」として、毎年3月最終日曜日に行なわれています。
上貫、中貫、下貫の3地区の神輿が貫川までお下りし、地区内を巡行して神社へと戻ります。