鶴市花傘鉾祭

場所 中津市沖代平野一帯
日時 8月第3土日頃
その昔、難航する堰工事の為人柱になったという、お市と鶴太郎母子の霊を慰めるために始められたと伝えられているそうです。中津市内を約40Kmも巡行し、夜には神輿が山国川を川渡りします。明治になるまでは4台の傘鉾だったそうですが、明治以降集落が増えるにつれ参加する数が多くなり、戦前にはすでに19台あったそうです。昭和30年代までは担いでいたそうですが、現在はほとんど曳いています。花飾りも以前はなかったそうです。